TOP
法人概要
事業計画
事業報告
寄附実績
情報開示
会員募集
       
- 事 業 計 画 -  
     
     
     気がつけば福祉!
 会員拡充事業     
  気がつけば福祉に協力している。そんな事業を企画・実施するのが、この認定NPO法人夢・同人です。そこで私たちの活動をより確かにするためには、一人でも多くの仲間が必要です。当法人の名称は「夢・同人」、夢を同じくする人の集まりという意味です。ご自身の夢、福祉への夢、社会への夢などなど、夢がテーマなら何でもOKです。一緒に夢を語り、一緒に夢を実践できる方を心よりお待ちしています。
同じ思いをお持ちの方、お気軽にご連絡ください。
 
 
     

     障がい者支援をあなたとともに
 募金活動事業    
     この募金活動はとても大切で福祉支援活動の根幹となる事業であると私たちは考えております。しかしながら、募金というかたちの他にも、思いであるとか、物品であるとか、尽力であるとか、募るという行為への恵みという協力のかたちはたくさんあります。
当法人では、そんなかたちにこだわらず、ご協力していただく方々のいろんな恵みをお預かりしたいと考えております。募金活動の新たなかたち、それこそが当法人そのものであり、未来のかたちであります。
     
       

     こんなNPO法人があってもいいんじゃないですか
 広報事業事業    
     福祉団体やNPO法人の一般的なイメージとはどういうものでしょうね。 私たちはそういう一般的なイメージにとらわれず、「明るく、楽しく、たくましく」事業を実施したいと考えております。そのためにまずは、多くの方々に当法人を知っていただきたいと最近では当たり前のホームページやSNSでの告知に加え、将来的にはいろんな人に福祉への夢や思いを綴っていただいて、昔でいう同人詩的なものをWEB上で公開したいと考えております。とにかく一人でも多くの方に当法人の活動を知っていただきたく努力します。
   
 
         

     クリスマスプレゼンツ
 障がい者施設応援事業    
    毎年の12月に滋賀県内の障がい者施設に訪問させていただき、施設ならびに施設利用者の皆様へクリスマスプレゼントをさせていただこうと、平成24年(2012)から実施させていただいている事業です。
主に、当日までに法人に託していただいた寄付金と物品の贈呈ならびにライブ演奏を提供させていただいており、施設ならびに施設利用者の皆様へクリスマス気分を楽しんでいただこうとするものです。
     

     心の勉強 高僧・名僧訪問
 役員・会員研修事業
チャリティー墨蹟事業を通じて、多くの高僧・名僧の方々とお知り合いにならせていただいておりますが、お知り合いになればなるほど、お人柄や社会の中でのお役割等に触れ、本当に勉強させていただいておりました。
そこで、平成24年(2012)から年一回、NPO法人夢・同人の役員・会員の研修事業として、高僧・名僧の皆様の御堂に訪問し、ご法話や体験修養をさせていただき、心の勉強をさせていただいております。

 1人で悩まず、相談してみて
 障がい者なんでも法律相談
  私たちは障がい者ご本人やそのご家族・ご関係者様たちが、障がいがあるがゆえのさまざまな困難に直面される姿を目の当たりにしてきました。特に法律問題には、どうしようもなく、当事者様のご判断を見守ることしかできなかったのですが、平成24年より、当法人理事に滋賀県大津市にあるヤマギワ総合法律事務所の山極良太弁護士がご就任いただき、当事者様の法律相談の窓口ができました。これにより、「障がい者なんでも法律相談」事業を開始し、現在も継続させていただいております。
     
     

     一度きりの人生、楽しみましょう
  障がい者招待事業    
    最近は、施設のハードにもソフトにもバリアフリーの考えが重要視され、以前に比べれば障がい者の方々は外出しやすくなりました。しかしながら、まだまだ健常者のように、好きなところに好きなタイミングで外出するには至りません。そこで私たちは、障がい者招待事業というものをしております。これはレストランや遊興施設、プロスポーツ競技場などのチケットを障がい者の方にプレゼントして、日常とはまた違った素敵な時を楽しんでいただこうとするものです。

     いい話のおすそわけ
 チャリティー講演会
私たちが実施しておりますチャリティー講演会というのは、日本全国有名寺院の高僧・名僧の方々や今日まで法人事業を通じて知り合った方々に「人の心を元気にする」をテーマにお話していただいており、毎年2〜3回程度開催しており、チャリティー墨蹟展やチャリティーパーティーなどと共催するケースが増えております。
滋賀県内はもちろんのこと、県外でも積極的に展開したいと思っております。ご興味ならびに実施を検討していただける方は一度ご連絡ください。

 福祉からできることきっとあるはず
 福祉文化創造事業
ダウン症の書家で有名な金澤翔子さんの書を滋賀県の三井寺奉納のお手伝いをさせていただいたのをきっかけに、金澤翔子さんとお母さまの泰子様お二人の生きざまが多くの方々に勇気と希望をお与えになることを知り、福祉も立派な文化であることを勉強させていただきました。そこで当法人では金澤翔子様・泰子様お二人の講演会や書の寺社仏閣への奉納のお手伝いをさせていただきながら、新たに福祉文化を創造する事業の企画・実施に取り組んでおります。

ふるさと滋賀の福祉を応援
 チャリティーパーティー
滋賀県には日本最大の湖である琵琶湖があります。その琵琶湖でチャリティーイベントをしよう! というのが、このチャリティーパーティーであります。毎年、秋に琵琶湖汽船蒲lのミシガンを貸切、まずは招待させていただいた障がい者団体様に参加費の10%を寄付金として贈呈し、それから食事とマジック、そしてバンド演奏、最後に、滋賀の福祉を応援! ということで、チャリティーパーティーにご協賛いただいたお宝品をチャリティーオークションし、各チャリティー事業の資金つくりとしております。

全国有名寺院の高僧・名僧直筆書のチャリティー販売
 チャリティー墨蹟事業
法人の前身であるボランティア団体夢・同人の設立時から継承させていただいております事業で、当時茶人として全国の主だった禅僧の方々とお付き合いをさせておりました井伊文子さんが、障がい者施設建設のための費用つくりとして揮毫作品のご恵贈をお願いされたのが始まりです。そのご揮毫作品をチャリティー販売し福祉資金に充当させていただくのが、このチャリティー墨蹟事業で近年より、滋賀県外にも展示会を開催し、まずは、福祉や平和を願って揮毫された高僧・名僧の心に触れていただきたいです。

思いをかたちに
 寄付配分事業
もともとは障がい者施設建設の資金つくりとして始まったこの夢・同人、この精神は今も大切に引き継がれており、今も事業収益の一部を社会、とりわけ障がい者福祉に寄付することを旨としています。
「寄付はしたいが、どこに寄付したらよいかわからない」という人はたくさんおられるかと思います。そういう人に、「認定NPO法人夢・同人なら、間違いなく福祉の現場に届けてくれる」と信頼される法人になりたいと心から願っております。