TOP
法人概要
事業計画
事業報告
寄附実績
情報開示
会員募集
   
- 法 人 概 要 -  
   
   
   
名  称 認定特定非営利活動法人 夢・同人 (認定NPO法人夢・同人)
代  表 理事長 國松善次 
住  所 〒522-0069 滋賀県彦根市馬場1丁目4-29 湖風庵2-A
電  話 TEL&FAX 0749-22-2353
   

   
 はじまり    本会「夢・同人」設立に際しましては、歌人でもあり、幕末大老の井伊直弼氏のお孫さんで彦根市長を九期お努めになった井伊直愛氏夫人でもあります井伊文子さん(共に故人)の福祉へのあつい思いがありました。
 井伊文子さんは、琉球王朝最後の王尚泰のひ孫さんとして、第二次世界大戦で傷ついた沖縄を憂い、また、ご本人も結核や心臓病など重い病にさいなまれた経験から、真の平和と豊かな福祉の実現に、その生涯をそそがれ、病気療養中には膨大な書物の点字翻訳に従事され、回復後は沖縄県内の高校生の就学支援目的で『佛桑花の会』や重度知的障害者施設『止揚学園』(滋賀県東近江市)、重度身体障害者療護施設『湖北タウンホーム』など数々の慈善事業、社会福祉施設の設立に寄与されました。
 残念ながら、平成16年11月22日に87歳でご逝去されましたが、その遺言により、ご自身の葬儀のご香典一切を社会福祉向上に障害者団体へご寄付をされ、最後の最後まで貫き通されたその姿勢に、当時の彦根市長をはじめ、多くの人が涙に包まれました。生涯かかって築かれたその功績は人知れずひっそりと咲いている花のように、しおらしく貴いものでした。
 
 『無力な私に可能なことは何なのか 鈍(にぶ)色の空に目を放つ』
            
                            井伊文子                      
 
  自分ができることは何なのか。
      その思いこそ、夢・同人のはじまりなのです。
       

     
設立の経緯    任意団体「夢・同人」は、井伊文子(歌人、以下敬称略)を呼びかけ人代表として平成6年(1994年)に発起され、平成7年(1995)1月22日に井伊文子宅で重度障害児(者)の療護施設の建設などを目標に第一回例会が行われると同時に正式に設立され、活動を始めました。
 以後、チャリティー目的のコンサートや墨蹟展、狂言会や寄席、食事会などを行い、会の趣旨を一般にアピールし、かつ、会費や収益の一部を当初の目標であった重度障害者が安心して暮らせる施設の建設資金に充当して参りました。
 任意団体「夢・同人」が活動丸十年を超え、また、滋賀県内の三つの重度身体障害者療護施設建設にも幾許かの貢献を果たすことができたことと、当会の活動を支援していただいていた団体から、完全自主運営を促されたことを受け、平成18年12月の会員総会において、今後の会活動について、どうするべきか協議したところ、満場一致で、継続して社会福祉支援を目的に活動することが確認された。そして新たに國松善次(前滋賀県知事)を代表とし、障害者福祉を基本としながらも、より幅広い社会貢献活動をするために、特定非営利活動法人として活動の発展を期すこととなりました。 
 今日、障害者を取り巻く環境は、社会参加の促進やユニバーサルデザインの推進などで大きく変わりつつありますが、障害者や共に生活をする家族の方々の不安を改善するまでには道遠いものがあります。
 私たちは、「この子らを世の光に・・」と障害児の諸課題を切り拓く運動の先達となられた故糸賀一男先生の理念に学び、誰もが心豊かに安心して暮らせる湖国滋賀の福祉風土を広げる人々の夢を具現化していく活動を進めることを目的に相集いました。
 福祉に取り組む道筋や手法の違いをお互いに認め合いながら、障害児(者)や関係
者を取り巻く多くの課題が解決していく「夢」の実現を目指すことで力を合わせていくことを全員が確認しました。
 私たちは、会員が相互に楽しんで活動に参加できる工夫を加えながら、社会的・文化的に意義ある諸活動(例会・イベント)を企画・実践し、その成果を障害者団体や障害者に関わる法人の支援に充てるなど、地域社会の公益に寄与するために、特定非営利活動法人夢・同人(通称NPO夢・同人)を設立するものであります。

※平成21年6月 NPO申請書類「法人設立趣意書」より

         

     
目  的
(設立趣旨)
    この法人は、住みよく安心できる福祉風土の創出を目指す人々の夢の具現化を図り、地域の歴史や文化・伝統に学び、文化的な事業を通じて、滋賀県および全国各地域の障害者または障害者団体等の活動を支援するとともに、地域の公益に寄与することを目的とする。

※特定非営利活動法人夢・同人 定款 第3条 より
     

   
設  立   1995年(平成7年) 1月22日
法 人 化   2009年(平成21年) 8月20日
 認定年月日   2016年(平成26年) 10月 3日
 認定書番号   滋賀県指令県協第59号
法人番号   6160005005741
     
 種  別    認定特定非営利活動法人
 運  営    会員選出の理事が統括
 総  会    毎年5月開催を含め、年1回以上開催(重要案件承認)
 理 事 会    年3回以上開催(重要案件承認)
 決  算     毎年4月1日  至 翌年3月31日
 事 務 局    事務局長、事務員
 
     
法人運営    
会  員   54名 平成29年4月1日現在
理 事 長   國松善次  (元滋賀県知事)
副理事長   岩田守弘  (元びわこ銀行副頭取)
理  事   岩根順子  (サンライズ出版株式会社代表取締役)
理  事   森田昌司  (森田通商ビル株式会社代表取締役)
理  事   蔭山孝夫  (滋賀建機株式会社取締役)
理  事   山口朝弘  (ブルーサンダーボーイズ主宰)
理  事   北川孝雄  (元大津市議会事務局長)
理  事   鵜飼浩子  (元ふるさと滋賀県人会会長)
理  事   礒田陽子  (料亭あみ定 大女将)
理  事   山極良太 (ヤマギワ総合法律事務所代表弁護士)
理  事   松本圭司  (びわ湖放送株式会社)
理  事   川越孝司 (潟^マキトラストブレーン代表取締役)
理  事   細溝高広 (事務局長)
監  事   野村定寿  
監  事   中西義一 
     

     
法人沿革  
     
 平成 7年     障がい者福祉支援目的に歌人の井伊文子さんや相国寺の有馬頼底管長らが
  (1995)   設立呼びかけ人代表として、有志にて設立
     
 平成 8年     重度障がい者療護施設建設のための資金つくりとして、チャリティー
 (1996)    墨蹟事業開始
     
 平成 9年    重度身体障がい者療護施設「湖北タウンホーム」(滋賀県長浜市)開設支援
 (1997)    
     
平成 13年   比叡山延暦寺酒井雄哉賛・寺田みのる画「ただ自然に」(小学館)上梓
 (2001)    
   
平成 16年   重度身体障がい者支援施設「ふるさと」(滋賀県彦根市) 開設支援
(2004)   設立よびかけ人 井伊文子さん逝去
     
  平成 18年    重度身体障がい者療護施設「湖南ホームタウン」(滋賀県守山市)開設支援
 (2006)    
     
 平成 19年    滋賀県彦根市に事務局移転(自主運営開始)
  (2007)    
     
 平成 20年    代表に元滋賀県知事の國松善次氏就任
 (2008)   全国有名寺院の名僧協力「いのちの言葉現代名僧墨蹟集」(小学館)上梓
     
 平成 21年    特定非営利活動法人(NPO)法人化、初代理事長に國松善次が就任
 (2009)    
     
 平成 22年    ふるさと滋賀の福祉を応援! チャリティーオークション事業開始
 (2010)    
     
 平成 23年    「びわ湖夢王国」建国支援
 (2011)    
     
 平成 24年    障がい者施設応援事業、障がい者招待事業開始
 (2012)    
     
 平成 25年    障がい者法律相談事業開始
 (2013)    
   
 平成 28年    滋賀県より、認定特定非営利活動法人を認可される
 (2016)